仕事で記事を書く際の単価と文字数

流石に1円で200文字、10円で400文字といった単価と文字数に見合わない仕事はしたいとは思いません。

他の仕事で、制限一杯に仕事をして、他に出来る仕事がないならば別です。

でも、時間と労力を考えればやりたくないと誰しも思うはずです。

アンケートでも、選択式のみならば、1円でも取り敢えずやります。

選択肢が4、5問程度ですし、承認率を上げるには丁度良い楽な仕事だからです。

ですが、記述式の仕事は単価が低いとやりません。

正直言えば、そういった類の仕事は時間の無駄というものです。

効率良く、そして文字数が少なく単価の高い仕事をいち早く見付けて着手するというのが、良い方法ではないかと私は考えます。

また、そういう文字数が少なく単価が高い仕事は仕事量も少なく早い者勝ちでもある為に、早く見付けないとアッという間に時間切れとなってしまいます。

見付けて即仕事を行わないと、見付けた時点で遅かったという時、もの凄く損した気分にさせられてしまうです。