すっぱいけれどおいしい果物「はっさく」

梅干やレモンのすっぱさとは少し違う「はっさく」、果物のすっぱさは何だかよくわからいがカラダが喜ぶ感じがする。ちょっとだけ久しぶりに食べるがやっぱりすっぱいのが癖になりやがておいしいという表現にかわるからとても不思議だ。はっさくをこのままで頂くのも美味しいのだけれど、オシャレなお店に行くと前菜としてレタスに紛れかわいらしくアレンジされサラダとして登場している。

サラダに彩を加え、野菜とのオシャレな融合が見た目を楽しませてくれるようだ。お店で食べるからだろうか、何だかいつもと違いすっぱいけれどオシャレに頂ける。店内=雰囲気ではっさくという果物もワンランク上の味を教えてくれる。普通に皮をむいて食べるのもいいが、たまには家でもこういう形を取り入れてサラダのセンスを磨きたいなと感じる瞬間だった。